「PCR(ピーシーアール)検査」という言葉がコロナの影響でテレビやネットでよく見られるようになりました。
PCR検査とは一体何なのでしょうか?
大学時代に理系学部でPCRをやりまくっていたので基本的なことをご紹介します。
(誰でも分かるように簡単に書いているため、詳細は微妙に違う部分はありますが、ややこしくなるので大まかな説明となっています。)

言葉の定義
PCRとは、核酸連鎖反応 (polymerase chain reaction) の略。
簡単に説明すると、核酸 (DNAやRNA) を複製して増やす反応・方法のことを指します。
DNAやRNAなどの核酸は1つだけあっても検出不可能な程小さいため、検出可能な濃度までいーっぱい増やす必要があります。
PCRは、小さな世界を拡大して、小さな世界で起こっていることを確かめることができる方法なのです。

※DNA:デオキシリボ核酸 (Deoxyribonucleic acid)の略。体の設計図となるもの。核酸塩基「A・G・C・T」から成る。
※RNA:リボ核酸 (Ribonucleic acid)の略。DNAからタンパク質を作る過程などで活躍する。核酸塩基「A・G・C・U」から成る。
※核酸:DNAとRNAの総称。


PCR検査の用途
今回のコロナの検査では、検査対象Aさんから採取した痰などから、PCRによって「ウイルスが持つ核酸が増えるかどうか」を検査しています。
PCRで増えた場合は「Aさんがウイルスに感染している=陽性」の可能性あり、増えなかった場合は陰性の可能性あり、というものです。


RT-PCRとは?
恐らくPCRという単語をネットで調べていると、「RT-PCR」というものに出くわした方もいるかと思います。
このRT-PCRと呼ばれるこの技術は、逆転写 (Reverse transcription) ポリメラーゼ連鎖反応の略になります。
逆転写とは、通常の転写反応である「DNAからRNAを作る」ではなく、「RNAからDNAを作る」という逆の反応のことを指しています。

つまり、
PCR:DNAからそのDNAを検出可能な濃度までに複製して増やす方法。
PT-PCR:RNAからDNAを検出可能な濃度までに複製して増やす方法。
となるのです。

コロナウイルスはRNAを持つウイルスのため、実際に今回のコロナウイルスの検査で使用されている「PCR検査」とは、RT-PCRになるはずです。


リアルタイムRT-PCRとは
さらに調べていると、リアルタイムRT-PCRという言葉が出てきた人がいるかもしれません。
これは、核酸の増幅量がリアルタイムに確認できる方法を指します。

通常実験などで行われるPCRでは、
核酸を増やす→増やした核酸の大きさを確認するためにPCRした液体をゲルに流して電気泳動して・・・・
と、結果を確認するのにかなり時間を要します。
これをいちいちやっているのでは検査している間に感染が広まってしまいますし、限られた医療体制で効率的ではありません。
そのためにリアルタイムで確認できる方法が取られているようです。
ただし、このリアルタイムPCRには専用の機械が必要になります。

…とりあえずざっと説明してみました!
分かりにくい所もあるかもしれませんが、また色々がんばって書いてみます!


その他コロナ関連の記事:
▶【コロナ治療薬】レムデシビルとは?
▶【コロナ治療薬候補】アビガンとは?
▶【まとめ】抗体検査、PCR検査、抗原検査の違い!