5月13日に抗原検査が承認されるとのことです。

今回は、抗体検査、PCR検査、抗原検査の違いについてまとめてみました。
さっそくですが下記に1枚図でまとめています。
(数字部分は諸説あるのでご了承ください。)

corona-kensa

抗体検査:
基本は抗体が体内に存在するか、を検査するため、過去にかかったかが分かります。ただし、特有の抗体が罹患初期のみに発生する場合もあるため、PCR検査や抗原検査同様に、現在かかっているのか、いないのかを検査することもできなくは無いみたいです。(今後に期待)
※ちなみに、ワクチンの予防接種では、事前に免疫をつける(=ウイルスに対する抗体を作らせる)ために、ウイルスの一部(または病原性を弱めたもの)があえて体に注入されます。


PCR検査:
ウイルスが持つ核酸を検出します。
3つの検査方法の中では一番陽性率(感度:感染している人を陽性と判定できる確率)が高く、つまり正確性が高い検査方法となります。
ただし、こちらの検査は検査の所要時間が5-6時間以上かかったり、特別な機械が必要だったりすることがネックとなっています。
▶「PCR検査とは?」についてはこちら記事でご紹介


抗原検査:
ウイルスが持つタンパク質を検出します。
PCR検査よりは正確性が劣ってしまいますが、15-30分で検査可能というメリットがあります。
2020年5月13日に承認が下りるようなので、今後の活躍に期待です。
※ただし感度は低いので、基本は検査数を増やし、「陽性の可能性がある人」をさらにPCR検査に回す、という使い方がされるのではないでしょうか。(自論)


以上、簡単ですがまとめてみました!