2021年6月7日、エーザイとUSの製薬会社(バイオジェン)が共同開発したアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ(商品名アデュヘルム)」が、米食品医薬品局(FDA)により承認されました。 昔、某製薬会社の営業(MR)として、認知症のお薬売っていた身としては、結構びっくりニュースでした。 これまで、アルツハイマー型認知症に使われる薬はドネぺジル(商品名アリセプト)、ガランタミン(商品名レミニール)、リバスチグミン(商品名イクセロンパッチ)、メマンチン(商品名メマリー)などがありました。 既に4種類もあるなら、今回の新薬って、新薬じゃないじゃん?!って思いますよね。 ところが、これまで使われている4種類の薬は「治療薬」では無いのです。「抗認知症薬」なのです。 具体的には、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる、症状を改善させるような働きをするお薬なのです。そのため、アルツハイマー型認知症を「治療」できるお薬は今まで無かったという事になります。 アルツハイマー型認知症では、アミロイドβというタンパク質が脳内に蓄積してしまい、そのアミロイドβが脳細胞を死滅させることが研究で示されています。 今回の新薬/治療薬であるアデュカヌマブは、アルツハイマー型認知症の根本病理に関わるとされるアミロイドβを標的とする抗体であり、アミロイドβを減少させることが実証されたとのことです。