マーズレッド9話。以下ネタバレです。           ————- 東京を襲った大地震から数日経ち、来栖はまだ仲間であるスワやタケウチ、前田を探していた。 天満屋さんが用意してくれた避難先で出会ったヴァンパイアの女の子から、「子どもを襲うヴァンパイアが月島にいた」と情報を聞き、月島に向かう。 月島には、かつて岬が幽閉されていた地下室がある。来栖は地下室に行ってみると、レコードから声が聞こえて来る。前田の声だ。 前田の声で、「子どものヴァンパイアは排除。来栖も危険だ。排除しろ。」と誰かに向かって指示をしている。 そんなはずは、、と思っていた矢先、来栖は少し開けた場所で、スワが少女の遺体の側にいる現場を発見。 訳が分からない状況でスワと一時戦闘モードに。 そこへタケウチが登場し、2人に向かって「仲間同士で何やってるんですか」とスカンクボールを投げ、2人は休戦。 2人から話を聞くと、レコードから聞こえた前田の声はトラップだと発覚。 その後3人は和解し、再び行動を共にすることになる。 3人がその場を離れたあとすぐ、金髪まとめ髪のルーファスが登場。 なんと前田の声真似を完璧にしている。そして「上手く行きませんねぇ。」と。 恐らく少女の遺体はルーファスが準備したもので、レコードから聞こえた前田の声もルーファスが仕掛けた偽物。3人をバラバラに仲間割れさせようとの魂胆だろう。